寺内 誠 展 TERAUCHI Makoto
KGSトップへ

寺内 誠 展 TERAUCHI Makoto
2009年5月29日(金)~6月13日(土) 11:00~19:00(日曜休廊) ※5月29日(金)のみ、21:00まで開廊(「画廊の夜会」のため)
2009.5.29(Fri)-6.13(Sat) (closed Sunday) 11:00-19:00

㈱ギャラリー広田美術 〒104-0061  東京都中央区銀座7-3-15 ぜん屋ビル1F
TEL 03-3571-1288 FAX 03-3571-1293
Gallery Hirota Bijutsu 7-3-15 Ginza Chuo-ku Tokyo, JAPAN
TEL : +81-3-3571-1288 FAX : +81-3-3571-1293 e-mail:hirota-b@hirota-b.co.jp

寺内誠は1980年生まれ、2006年に東京芸術大学大学院美術研究科油画を修了後、作家としての活動を始めました。現在は、東京芸術大学美術学部油画教育研究助手として働きながら制作を続けています。
大作を含む10数点の展示ですが、丁寧に時間をかけて制作される作品からは光を感じ、何かが立ち現れてくるような空間を生み出しています。
 初日の5月29日(金)は「画廊の夜会」のため、21:00まで開廊いたします。

「日常の風景の中に見い出したもの、あるいはそこから呼び起こされる記憶の断片たち。それらが新たな光景となって画面上に現出するとき、私の頭上でいつも渦巻いている靄が、少しだけ薄らいで行くような感覚を得ることができます。
きっとそれらの光景は、何かしらの予兆や予感といったものを孕んでいて、どこかへ導いてくれる、そんな気がしています。」 (寺内 誠)


“into the world”

120P パネルに綿布

“foresight”

20F パネルに綿布・油彩 2009年作

“light of foresight”

20F パネルに綿布

“bathed in light”

15F パネルに綿布

“floating world”

8S パネルに綿布

“floating world”

8S パネルに綿布

“floating world”

8S パネルに綿布

“flowing sight”

8F パネルに綿布

“reflection of memories”

6F パネルに綿布

“weed light”

3F パネルに綿布

“petal light”

3F パネルに綿布

・寺内誠(てらうち まこと)

1980年 東京都生まれ
2004年 東京芸術大学油画専攻卒業
2006年 東京芸術大学大学院美術研究科油画修了

現 在 東京芸術大学美術学部油画教育研究助手

【展覧会等】
2002年 「55゜ブルース展」(芸大学生会館・東京)
2003年 「EXIT:5展」(gallery LE DECO・東京)
2004年 「卒業制作展」紫峰賞受賞 江戸川学園買上(東京都美術館)
      「芸大・茨大・筑波大卒業修了制作選抜展2004」(東海ステーションギャラリー・茨城)
      「トーキョーワンダーウォール公募2004」トーキョーワンダーウォール賞受賞
      (東京都現代美術館)
      「Light×L type space」(芸大展示スペース・東京)
      「四人展」(芸大学生会館・東京)
2005年 「トーキョーワンダーウォール都庁2004」(東京都庁)
      「VERY PAINTING~架空の光景」(GALLERY GO・東京)
2006年 「修了制作展」(芸大大学美術館・東京)
      「Field of NOW U-40」(洋協アートホール・東京)
      「芸大・茨大・筑波大卒業修了制作選抜展2006」(東海ステーションギャラリー・茨城)
      「LandscapeVIII 風景」(Pepper's Loft Gallery・東京)
2007年 ACAF NY(ギャラリー広田美術ブース)
2008年 個展(ギャラリー広田美術)
      アートフェア東京(ギャラリー広田美術ブース)
      アート台北(ギャラリー広田美術ブース)

MAKOTO TERAUCHI
Things I see in everyday life and memories they bring back. I want to capture them as they become entangled inside myself and transform into new images.
Sometimes even the most insignificant, momentary experiences turn into powerful imageries if their memories - even just pieces of them - linger on in mind long enough. Perhaps these are all fictitious imageries that derived out of reality but they often contain more truth than reality. For me, being more real than reality to be the single most important creative goal.
I strive to create a fantastic visual space by combining objectivity and my “reality,” which is based on my visions and imagination. I am secretly hoping that something unexpected like a sign or an omen will appear in my work.

1980
Born in Tokyo, Japan
2004
Graduated from Oil Painting Cource in the Department of Painting at Tokyo National University of Fine Arts and Music.
2006
Completed Master Program in Oil Painting in the Graduate School of Tokyo National University of Fine Arts and Music.

<last exhibition's view>
http://kgs-tokyo.jp/interview/2008/0218/index.htm


(C) ギャラリー広田美術 東京都中央区銀座7-3-15ぜん屋ビル1F http://www.hirota-b.co.jp/
GALLERY HIROTA BIJUTSU CO.,LTD * 7-3-15 GINZA, CHUO-KU, TOKYO 104-0061, JAPAN
TEL:TOKYO 03-3571-1288 FAX:TOKYO 03-3571-1293

掲載の資料及び画像、文字データ情報の無断転載を禁じます。