細川憲一 展

2007年11月5日(月)-10日(土)11:30-19:00

コバヤシ画廊 東京都中央区銀座3-8-12 ヤマトビルB1F TEL 03-3561-0515 kbysg@gf6.so-net.ne.jp

現在を描き続けること

茫漠とした画面から漠然とではあるが、何らかのイメージを想起する。私はこれらの作品で、具体性をあえて排除しながら、芯の通った力強さ、鮮烈さを持った存在に近付きたいと思っている。
描くことは、みること、そしてその内にあるものを捉えようとすること?。これが私にとって制作の基本であり、常に生きた状態を描き繋ぐことから始まるといってよい。それだから作品はすでにあるのではなく、何らかの問いかけによって得られていくものと改めて思う。制作の経過とともに現れてくる形態や色彩が、一旦は調和したとしても、なお描き続けるのには、まだ見ぬ画面とのやり取りをまさにその画面から突き付けられるからであり、画面に秘められた可能性に私自身、見ない振りはできないからに他ならない。しかもこうして今ここにいる自分と作品とが相見えることに本当の価値があると信じているわけである。

 

海中花
2007 油彩, キャンバス
45.5×37.9cm

森の海
2007 油彩, キャンバス
194×162cm

silent forest
2007 油彩, キャンバス
194×162cm

象の森
2007 油彩, キャンバス
194×162cm

(c) 細川憲一

細川憲一 略歴
1968 埼玉に生まれる
1992 岩手大学教育学部特設美術科卒業
1995 上越教育大学大学院修士課程教育研究科芸術系コース修了
2004 第19回ホルベインスカラーシップ奨学生
個展
2004 コバヤシ画廊, 東京
2005 コバヤシ画廊, 東京
2006 コバヤシ画廊, 東京
2007 コバヤシ画廊, 東京
「N.E.blood 21,vol.24」、リアスアーク美術館, 宮城
グループ展
1997 「境界/分裂/流動」ギャラリー青城, 仙台
2004 「開館10周年記念展」リアスアーク美術館,宮城
「MESSAGE2004」コバヤシ画廊.東京
2005 「MESSAGE2005」コバヤシ画廊.東京
2006 「SCALE OUT 2006」スゥイング, 宮城
「MESSAGE2006」コバヤシ画廊.東京
2007 「SCALE OUT 2007」 宮城
「MESSAGE2007」コバヤシ画廊.東京
2007-08 「奥の若手道」リアスアーク美術館他、東北巡回