アートフェア東京

2007年4月9日(月)-12日(木)

石崎昭亜・神戸智行・寺内誠・冨川美和子
会場:アートフェア東京ブース(ブースNo.A-25) 東京国際フォーラム(有楽町)
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1 入場料:一般1500円  学生1200円

Art Fair Tokyo 2007 Akitsugu Ishizaki / Makoto Terauchi / Miwako Fukawa / Tomoyuki Kambe

ギャラリー広田美術 東京都中央区銀座7-3-15ぜん屋ビル1F 03-3571-1288

 

冨川 美和子(ふかわ みわこ) Miwako Fukawa

見慣れない世界に起こる現象やそれらに出会ったときに感じるさまざまな思いを描いています。

冨川 美和子(ふかわ みわこ) Miwako Fukawa
1971年 東京都生まれ
1999年 東京芸術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業
2001年 東京芸術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻修了
修了制作「水際のひよこ」帝京大学買い上げ
2005年 院展初入選
2006年 春の院展初入選
有芽の会(西武百貨店・東京)日本更生保護女性連盟会長賞受賞
新樹会(三越百貨店・東京)
彩旬会(四季彩舎・東京)

石崎 昭亜(いしざき あきつぐ) Akitsugu Ishizaki

石崎 昭亜(いしざき あきつぐ)Akitsugu Ishizaki
1967年 北海道に生れる
1990年 第8回上野の森美術館大賞展
1991年 東京芸術大学絵画科日本画専攻卒業
1993年 東京芸術大学大学院修士課程日本画専攻修了 修了制作同大学買い上げ
1994年 個展 レスポワール展(銀座スルガ台画廊)
1995年 第4回奨学生美術展(佐藤美術館) 出品作品買い上げ
1996年 第2回「美の予感」展(高島屋 日本橋・大阪・京都・横浜)
東京芸術大学大学院博士後期課程満期退学
明日へ翔く日本画展(アートミュージアムギンザ)
1998年 「花と緑 自然を描く」展(佐藤美術館) 出品作品買い上げ
三人展(佐藤美術館)
1999年 日本画三人展(銀座スルガ台画廊)
個展(栗田美術店)
2000年 紅樹会展(銀座スルガ台画廊) 以後毎年
2001年 宣春展(高島屋 日本橋)
「新世紀をひらく美 現代日本画・洋画新鋭作家」展(高島屋 日本橋・大阪・京都・横浜)
2002年 10周年記念展(佐藤美術館) 出品作品買い上げ
正方形の世界展(ギャラリーアートもりもと)
個展(ギャラリータンプリエ)
2003年 第8回NICAF (ギャラリー広田美術ブース)
2004年 個展(横浜そごう)
2005年 個展(ギャラリー広田美術)
個展(千葉三越)
アートフェア東京(ギャラリー広田美術ブース)
2006年 東美アートフェア(ギャラリー広田美術ブース)
2007年 個展(札幌三越)

寺内 誠(てらうち まこと) Makoto Terauchi

制作のコメント=日常の風景の中に見えるもの、あるいはそこから呼び起こされる記憶の中の光景を表現しています。すべて自分自身が体感した風景を基に制作しています。

寺内 誠(てらうち まこと) Makoto Terauchi
1980年 東京都生まれ
2004年 東京芸術大学油画専攻卒業
2006年 東京芸術大学大学院美術研究科油画修了
【展覧会等】
2002年 「55゜ブルース展」(芸大学生会館・東京)
2003年 「EXIT:5展」(gallery LE DECO・東京)
2004年 「卒業制作展」紫峰賞受賞 江戸川学園買上(東京都美術館)
「芸大・茨大・筑波大卒業修了制作選抜展2004」(東海ステーションギャラリー・茨城)
「トーキョーワンダーウォール公募2004」トーキョーワンダーウォール賞受賞(東京都現代美術館)
「Light×L type space」(芸大展示スペース・東京)
「四人展」(芸大学生会館・東京)
2005年 「トーキョーワンダーウォール都庁2004」(東京都庁)
「VERY PAINTING〜架空の光景」(GALLERY GO・東京)
2006年 「修了制作展」(芸大大学美術館・東京)
「Field of NOW U-40」(洋協アートホール・東京)
「芸大・茨大・筑波大卒業修了制作選抜展2006」(東海ステーションギャラリー・茨城)
「LandscapeVIII 風景」(Pepper's Loft Gallery・東京)

神戸智行 Tomoyuki Kambe

 イノセントワールドとは、自分の創作の大きなテーマの一つです。今回は金魚をモチーフに、私達の生きる現代社会を表現できればと思います。種別に関係なく仲良くする社会,個がまとまりあって身を守り、守る余り他には否定的になる社会,時や人、世論に流されている社会,いろいろな事に立ち向かう様,流されない様,また、何気なくさまよったり、偶然に出会ったりする様など、様々な社会があり、それでも日々繰り返される日常。しかし、日が巡り同じように見える星々でも実際は変化しているように、微妙にでも確実に社会はあらゆるものを含んで変化しています。そのような事を感じながら、金魚一匹一匹を描きました。様々な大きさや形をした起伏のある屏風を組合せる事で生まれる不思議な空間と、金魚達が生きる水の中を重ねて表現しました。

神戸智行 Tomoyuki Kambe
1975年 岐阜県に生れる
1999年 多摩美術大学日本画専攻卒業
岐阜市美術展奨励賞受賞(〜'02)
第9回佐藤国際文化育英財団奨学生に選出される
2000年 個展(麻布アートサンサション西麻布)
第9回佐藤国際文化育英財団奨学生展(佐藤美術館 千駄ケ谷)
2001年 多摩美術大学大学院日本画専攻修了
個展(麻布アートサンサション西麻布)
2002年 個展(麻布アートサンサション西麻布)
2003年 奈良万葉集日本画大賞展入選(奈良県立万葉文化館 奈良市)
個展(ギャラリー青羅銀座)
2004年 日本画展−20世紀から21世紀ヘー(野木町文化会館 栃木)
雪舟の里総社 墨彩画展 入選(岡山県)
個展(麻布アートサンサション西麻布)
2005年 個展(ギャラリー広田美術)
アートフェア東京(ギャラリー広田美術ブース)
2006年 東美アートフェア(ギャラリー広田美術ブース)
その他、グループ展多数
現在 多摩美術大学日本画研究室助手・無所属

(c) 広田美術